家具・雑貨

安い木製おままごとキッチンを厳選おすすめ!IKEA・トイザらス・ニトリなど【予算1万円前後】

 

「うちの子にもおままごとキッチンを買ってあげようかな」

「でも予算はそこまで掛けられないけど木製がいい」というあなた

 

そうです、少し前の私です。

 

木製のおままごとキッチンはプラスチック製に比べて作りがしっかりしていて人気のよう。

もちろん良いものは値段も高くなります

 

今回はこの予算1万円前後で買える安めの木製おままごとキッチンを

有名メーカーからネット通販商品までまとめてご紹介します。

 

IKEA (イケア)

まずはみんな大好き北欧インテリアの代表”IKEA”のおままごとキッチンです。

 

NYBAKAD(ニバカード) ¥4,999

nybakad

出典:https://www.ikea.com/

 

予算の半分以下とここでご紹介する中では最安のおままごとキッチンです。

黒板としても使える引き戸がついています。

 

SPISIG(スピスィグ) ¥7,999

spisig

出典:https://www.ikea.com/

 

IKEAのおままごとキッチンのなかで、松竹梅の竹にあたるキッチンです。

お店のカウンターのような使い方ができるのが特徴てきですね。

 

おとしゃん
結局わたしがチョイスしたのはこのキッチンです。 オーブンのようなガラス窓がついていて、娘はこれを電子レンジにみたてておままごと食材をいれて遊んでいます。

 

DUKTIG(ドゥクティグ) ¥9,990

duktig

出典:https://www.ikea.com/

 

1万円を切る価格としてはかなりしっかりとした作りのおままごとキッチンで、

ボタンを押すとコンロが光るという本格派です。

 

 

トイザらス

トイザらスも予算内で十分に収まります。

また、おままごとの小物もセットになっているのでお得感あり

 

イマジナリウム 木製マイファーストおままごとキッチン ¥7,997

 

この価格でこの機能。さらにフライパンなどの小物をついてくるというのも◎。

時計や電子レンジなども芸が細かいですね。

 

『イマジナリウム』はトイザらスのオリジナルブランドで、

おもちゃの専門店メーカーというの安心感もおすすめポイントと言えるでしょう。

 

木製カフェキッチン ¥8,499

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トイザらス限定 木製カフェキッチン【送料無料】
価格:8499円(税込、送料無料) (2021/1/17時点)

 

 

フランスの木製玩具メーカーのおままごとキッチンで、

こちらも小物もセットになっています。

 

おとしゃん
個人的には価格と機能面?でイマジナリウムに軍配があがります

 

ニトリ

ニトリも作りは負けていませんが、予算オーバーです(T_T)

 

天然木 おままごとキッチン ¥13,140

ニトリおままごとキッチン

出典:https://www.nitori-net.jp/

 

シンプルといえば聞こえはいいですが、価格を考えるとIKEAやトイザらスには勝てません。

サイズ感で決める場合や、DIYでカスタマイズする時などは選択肢に入るかも?

 

その他ネットで買えるおままごとキッチン

その他にもネット通販で安く買えるおままごとキッチンも値段別にご紹介します!

 

〜¥8,999

 

 

こちらはミニキッチンなので、小さいおままごとキッチンを探していた方におすすめです!

高さが無いので1歳でも遊べるかもしれません。

 

¥9,000 〜 ¥9,999

 

 

こちらのYUMEKAというお店にはたくさんのおままごとキッチンがラインナップされていました!

値段も安く、おままごとの調理器具もついています。

 

¥10,000 〜

 

 

若干予算は超えてしまいますが、質感◎

背面には絵本を収納できるラックがあるのもいいですね!

別売りの棚をあわせて買えば本格的なキッチンのできあがり。

 

まとめ

木製のおままごとキッチンは、安くてもしっかりしたものがあります。

なかには3万円を超えるものもありますが、その場合はサイズが大きく、

一般的な家庭のリビングにはフィットしないかなと。

 

私のうちではIKEAのSPISIG(スピスィグ)を使っていますが、カーテンの部分を取った状態で高さを圧迫しないようにしました。

おもちゃを取り出す娘

 

値段やデザインの他に、インテリアにフィットするかどうかも選ぶポイントと言えるでしょう。

 

おままごとキッチンをDIYで作ったり、既製品をカスタマイズするということも考えられますね。

また今後記事にまとめてご紹介します!

  • この記事を書いた人

おとしゃんイケア行く?のお父さん

IKEAなどの北欧家具が好きすぎて、新築戸建て入居直後にMETODをすべて一人でDIY。IKEA商品をカスタムするIKEAハックも実践。”イケア大好きな3歳の娘”をもつお父さんが、頼れるお父さん目線で北欧インテリアブログを執筆中。

© 2022 Go IKEA おとしゃんイケア行く?