高級・ブランド家具

FLYMEe(フライミー)の店舗はあるの?クーポン情報も!評判を徹底解説【高級家具】

 

おとしゃん
店舗や評判・クーポン情報など!高級家具の通販サイトFLYMEe(フライミー)について気になるポイントをまとめてみました!

 

FLYMEe(フライミー)ってなに?

 

FLYMe(フライミー)とは

フライミーは日本最大級の家具の通販サイトで、おもにデザイナーズ家具や北欧家具を中心にラインナップされています。

高級ブランド家具から雑貨まで2万点以上の商品を取り扱い、

ファミリー層から一人暮らしまで様々なテイストの家具や雑貨を購入できます。

 

店舗ショールームはある?

FLYMEe(フライミー)の実店舗・ショールームは無いようです。

しかし、取り扱いブランドの一部は、そのブランドが店舗を出している場合があります。

 

例えば『IDEE(イデー)』は東京周辺と大阪に店舗がいくつかあるようです。

どうしても実物を見たい場合は店舗に行くということも出来ます。

 

楽天で買える?

楽天やヤフーなど、ポイントの貯められる通販サイトで購入したいという方も多いと思います。

しかし、FLYMEe(フライミー)は楽天やヤフーなどには出店していないようです。

 

店舗と同じで、ブランドによってはFRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)などは、

楽天でも見つけることが出来ました。

 

取り扱いブランドは?

FLYMEe(フライミー)では約800ものブランドの取り扱いがあるようです。

多数のブランドを取り扱っているので、『家具のZOZOTOWN』なんて言われてるとか。

 

商品の価格はどれくらい?

価格帯はブランド家具なので高めです。

しかし、照明などはおしゃれなモノが1万円台で購入できます。

価格:17,600円(税込) (2021/1/31時点)

 

 

 

FLYMEe(フライミー)の人気商品

フライミーでは照明が人気商品のようです。

ここではアクセスランキングから人気の商品を3つチョイスしてご紹介!

 

FLYMEe Noir / フライミーノワール LED Ceiling Lamp

LED Ceiling Lamp

出典:https://flymee.jp/

 

こちらのシーリングランプは空間を照らすだけでなく、ランプと天井側も間接照明のように照らすことが出来ます。

照度も付属のリモコンで操作できるという機能性もバッチリです!

価格:28,600 〜 35,200円(税込) (2021/1/31時点)

 

FLYMEe Factory / フライミーファクトリー LED Bar Light

LED Bar Light

出典:https://flymee.jp

 

写真のように大理石のベースにランプを立てて使うこともできれば、

テレビの裏に横向きに置いて間接照明として使用することも可能。

狭い空間に置いても邪魔にならないのが良さそうです!

 

HIRASHIMA / ヒラシマ CARAMELLA Counter Sofa

CARAMELLA Counter Sofa

出典:https://flymee.jp

 

ソファーとカウンターを併せ持つ日本製のブランド家具です。

際立つ存在感はブランド家具ならではでしょうか。

価格:358,600 〜 748,000円(税込) (2021/1/31時点)

 

 

 

FLYMEe(フライミー)でお得に買えるクーポンはあるの?

クーポンは基本的にはなさそう。。。

しかし、会員登録をすると誕生日にクーポンが配信されるようです。

 

また、会員向けのシークレットセールでは最大で50%offの割引商品もあるようです。

 

マイホームをこれから買って、家具を新調しようという方は、

ARUHIでローンを組むと割引が受けられるといった情報もありました。

 

 

 

FLYMEe(フライミー)はこんな時・こんな人におすすめ

普段はIKEAなどの格安家具を買っていても、

照明だけはFLYMEe(フライミー)で買うなど、インテリアのアクセントとして取り入れるのが良さそうです。

 

ブランド家具だけでなく、先に紹介した照明などオリジナル家具もあります。

オリジナル家具は価格も安く、機能的。

IKEAやニトリで高めの商品を検討していたら、フライミーも候補に入れるといいでしょう!



  • この記事を書いた人

おとしゃんイケア行く?のお父さん

IKEAなどの北欧家具が好きすぎて、新築戸建て入居直後にMETODをすべて一人でDIY。IKEA商品をカスタムするIKEAハックも実践。”イケア大好きな3歳の娘”をもつお父さんが、頼れるお父さん目線で北欧インテリアブログを執筆中。

© 2022 Go IKEA おとしゃんイケア行く?